分館(読み)ぶんかん(英語表記)branch library

図書館情報学用語辞典 第5版「分館」の解説

分館

本館から離れた場所で補助的な図書館サービスを行う,独立施設を持つ図書館.基礎的な資料コレクションを持ち,資料の貸出が業務の中心となる.大学図書館の場合,分館にはコレクションの一部が置かれ,独立した職員体制によって管理運営される.分館は本館の指示を仰ぎながら業務を進め,図書館システムの一機関としての機能を果たす.公共図書館の場合,分館は住民がアクセスしやすい場所に設置される.分館は近隣住民の図書館に対するイメージを形作る場所として重要であり,近隣住民のニーズに合わせたサービスや住民とのコミュニケーションが重視される.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「分館」の解説

ぶん‐かん ‥クヮン【分館】

〘名〙 本館のほかに設けた建物。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉母「試験のある分館の教室の方へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「分館」の解説

ぶん‐かん〔‐クワン〕【分館】

本館から分かれて設けられた建物・下部組織。「公民館の分館

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android