分館(読み)ブンカン

  • ぶんかん ‥クヮン
  • ぶんかん〔クワン〕

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

本館から離れた場所で補助的な図書館サービスを行う,独立施設を持つ図書館.基礎的な資料コレクションを持ち,資料の貸出が業務の中心となる.大学図書館の場合,分館にはコレクションの一部が置かれ,独立した職員体制によって管理運営される.分館は本館指示を仰ぎながら業務を進め,図書館システムの一機関としての機能を果たす.公共図書館の場合,分館は住民がアクセスしやすい場所に設置される.分館は近隣住民の図書館に対するイメージを形作る場所として重要であり,近隣住民のニーズに合わせたサービスや住民とのコミュニケーションが重視される.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 本館のほかに設けた建物。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉母「試験のある分館の教室の方へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分館の関連情報