華清宮(読み)カセイキュウ

精選版 日本国語大辞典「華清宮」の解説

かせい‐きゅう クヮセイ‥【華清宮】

中国唐代、長安の南東、驪(り)山にあった離宮。唐代初期に造営された温泉宮を玄宗が改名したもの。玄宗はしばしば楊貴妃を伴って遊んだ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の華清宮の言及

【華清池】より

…中国,陝西省東部,臨潼県の驪山(りざん)北西麓にある温泉。西安の東郊にあたり,唐代の644年(貞観18)湯泉宮が建てられ,のち拡張して華清宮と改められ,華清池とも呼ばれた。唐の玄宗が楊貴妃と共に入浴したことで名高い。…

※「華清宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android