コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驪山 リザン

百科事典マイペディアの解説

驪山【りざん】

中国,陝西省臨潼県にある山。標高約800m。古来伝説,故事が多く,周の幽王はこの山麓で死んだとされる。北山麓に秦の始皇帝陵があり,北西山麓には楊貴妃湯浴みしたとされる華清池温泉がある。
→関連項目始皇陵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りざん【驪山 Lí shān】

中国,陝西省中部,渭水平野の南に秦嶺山脈の前山としてそびえる山。西安の東,臨潼県城の南東にある。標高約800m。山容が驪(黒い馬)に似ているところから,あるいは周代に驪戎の国があったところから称す。また麗山,酈山とも書く。殷・周のころ仙女驪山老母がいたところ,周の幽王が愛妾褒姒(ほうじ)の笑顔をみるために烽火をたいて諸侯を集めた所といわれる。北麓には秦の始皇陵もある。特に著名なのは,北西麓の温泉に唐の玄宗が楊貴妃のために建てた宮殿(華清宮)で,今も華清池として西安近郊の有数の保養観光地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りざん【驪山】

〔「りさん」とも〕 中国、陝西省西安の東にある山。海抜620メートル。麓に温泉があり、古く唐の玄宗が楊貴妃のために離宮を建て華清宮と称した。リー-シャン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

驪山
りざん / リーシャン

中国、陝西(せんせい)省中部、渭河(いが)平原の南に、秦嶺(しんれい)山脈の前山としてそびえる山。西安(せいあん)の東25キロメートル、臨潼(りんとう)県城の南にある。最高所は標高1302メートル、東繍嶺(とうしゅうれい)と西繍嶺の2峰がある。美しい風景と周辺にある歴史的遺跡によって、西安付近での有数の観光地となっている。とくに「驪山晩照」は関中八景の一つとされる。山麓(さんろく)には温泉があり、長安に都を置いた歴代の王朝の離宮が設けられたが、唐の玄宗(げんそう)皇帝が楊貴妃(ようきひ)のためにつくったという華清宮(かせいきゅう)は有名である。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の驪山の言及

【始皇陵】より

…中国,秦の始皇帝の陵墓。原名は驪山(りざん)(山とは陵墓の意味)。陝西省臨潼県の東約5kmに位置する。…

【終南山】より

…標高2000~2900m。北側は大断層崖をなし,断層線にそって驪山(りざん)などの温泉が湧出する。渭河と漢水流域とを結ぶ交通の要所で,子午道などの〈桟道(さんどう)〉が開かれ,しばしば抗争の地ともなった。…

【別荘】より

…別荘を建てる習俗はかなり古くからあり,ローマ帝国や古代中国などの皇帝・貴族がすでに多くの別荘を建てていた。古代ローマではローマ東方の高地にあるティボリや地中海のカプリ島にウィラと呼ばれる別荘が営まれ,中国では長安の東にある温泉地驪山(りざん)などが皇帝の別荘地として有名である。日本でも奈良・平安時代に宇治,明石(あかし),水無瀬(みなせ)などの都に近い景勝地に天皇や貴族の別荘が建てられ,当時の物語や詩歌によく現れる。…

※「驪山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone