菽麦を弁ぜず(読み)シュクバクヲベンゼズ

大辞林 第三版の解説

しゅくばくをべんぜず【菽麦を弁ぜず】

〔左氏伝 成公十八年
豆と麦との区別さえつかない。非常に愚かなことのたとえ。 「 - ・ぬ程の痴女子ちじよしでもなければ/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅくばく【菽麦】 を=弁(べん)ぜず[=弁(わきま)えず]

(「春秋左伝‐成公一八年」の「周子有兄而無慧、不菽麦」による) 豆と麦の区別ができない。転じて、愚かでものの区別がつかない。
※不二遺稿(1424頃)上・送南窓蔵主還郷「或亦菽麦辨。魚魯不分」
※俳諧・類船集(1676)末「菽麦(シュクバク)をわきまへぬとはおろかなる事歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android