葉上流(読み)ようじょうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉上流
ようじょうりゅう

台密 (天台宗系密教) 13流の一派穴太 (あのう) 流の一支流。日本臨済宗の開祖葉上房栄西を祖とする。台,密,禅3宗を兼学する道場として建立された建仁寺に拠ったので,建仁寺流とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の葉上流の言及

【栄西】より

… 禅・密あわせておもな門弟に栄朝・行勇・明全,その各門下に円爾・覚心・道元が出た。栄西に発する台密の一派は葉上流という。鎌倉後期の禅宗界ではもっぱら日本禅宗の始祖とされるに至った。…

※「葉上流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android