コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建仁寺流 ケンニンジリュウ

デジタル大辞泉の解説

けんにんじ‐りゅう〔‐リウ〕【建仁寺流】

中国風の系統を引いた建築流派鎌倉時代栄西が中国に工匠飛騨守を伴って渡り、洛陽郊外の白馬寺の構造を学ばせ、帰国後、その様式によって建仁寺を建立したことによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんにんじりゅう【建仁寺流】

近世、主として禅宗様の建築技術を継承してきたと伝える大工の流派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の建仁寺流の言及

【平内政信】より

…後者は和歌浦天満宮(1606)と呼ばれて現存し,このほか台徳院霊廟(1632)もあったが第2次大戦で焼失した。同じ大棟梁を務めた甲良(こうら)家の木割を建仁寺流と呼ぶのに対し,平内家の木割は四天王寺流と呼ぶ。大工【西 和夫】。…

※「建仁寺流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建仁寺流の関連キーワード大島 盈株甲良宗広大島盈株葉上流禅宗様近世大工

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android