建仁寺流(読み)ケンニンジリュウ

大辞林 第三版の解説

けんにんじりゅう【建仁寺流】

近世、主として禅宗様の建築技術を継承してきたと伝える大工の流派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんにんじ‐りゅう ‥リウ【建仁寺流】

〘名〙
① 栄西が伝えた密教の流派、穴太(あのう)流の一支派である葉上(ようじょう)流(または仏頂流とも)の別称。台密寺山六流の一つ。
和様四天王寺流に対する禅宗様の建築流派の名称。栄西が入宋の際、工匠を伴い、帰朝後、建仁寺造立に当たり、その工匠を用い宋様式を伝えたことによるという。
[補注](②について) 伝書から内容をみると、必ずしも禅宗様を主としたとは限らない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の建仁寺流の言及

【平内政信】より

…後者は和歌浦天満宮(1606)と呼ばれて現存し,このほか台徳院霊廟(1632)もあったが第2次大戦で焼失した。同じ大棟梁を務めた甲良(こうら)家の木割を建仁寺流と呼ぶのに対し,平内家の木割は四天王寺流と呼ぶ。大工【西 和夫】。…

※「建仁寺流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android