コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉状キャスト ようじょうキャスト frondescnet cast

1件 の用語解説(葉状キャストの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

葉状キャスト

平らなソール・マークで,キャベツが葉を広げたようなと形容される形をもつ.小円鋸歯(creculation)状の前縁部とそれからの微細な条線をもっている円く伸びた形である.葉は広がる方向に水が流れたとされる.この語はハアフによってキャストとして用いられたが,堆積の後に軟らかい泥の基盤に砂が流れてできたものであり,堆積後の形態であるために,castやmarkとすることはstructureとするよりも適当ではないという意見がある[Haaf : 1959, Dzulynski & Walton : 1965, 木村ほか : 1973].frondescentとは葉の発生状況または群葉の意味.キャベツの葉状マーク(cabbage-leaf marking, deltoidal cast)[Kuenen : 1957],三角葉状痕(deltodial cast)[Birkenmajier : 1958]は同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉状キャストの関連キーワード花キャベツ紫キャベツ芽キャベツレッドキャベツロールキャベツキャベツ巻メキャベツ尖頭キャストキャベツの葉状マークロール・マーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone