コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉状キャスト ようじょうキャストfrondescnet cast

1件 の用語解説(葉状キャストの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

葉状キャスト

平らなソール・マークで,キャベツが葉を広げたようなと形容される形をもつ.小円鋸歯(creculation)状の前縁部とそれからの微細な条線をもっている円く伸びた形である.葉は広がる方向に水が流れたとされる.この語はハアフによってキャストとして用いられたが,堆積の後に軟らかい泥の基盤に砂が流れてできたものであり,堆積後の形態であるために,castやmarkとすることはstructureとするよりも適当ではないという意見がある[Haaf : 1959, Dzulynski & Walton : 1965, 木村ほか : 1973].frondescentとは葉の発生状況または群葉の意味.キャベツの葉状マーク(cabbage-leaf marking, deltoidal cast)[Kuenen : 1957],三角葉状痕(deltodial cast)[Birkenmajier : 1958]は同義.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone