コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著く シルク

デジタル大辞泉の解説

しるく【著く】

[副]《形容詞「しる(著)し」の連用形から》はっきり見えるさま。
「さまざまな色を重ねた袖口が、夜目にも―こぼれ出して来た」〈谷崎・少将滋幹の母〉

は・く【著く/着く】

[動カ四]弓に弦を張る。
「陸奥(みちのく)の安太多良真弓(あだたらまゆみ)はじき置きてせらしめ来なば弦(つら)―・かめかも」〈・三四三七〉
[動カ下二]に同じ。
「陸奥の安達太良真弓(あだたらまゆみ)弦(つら)―・けて引かばか人の我(わ)を言(こと)なさむ」〈・一三二九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

著くの関連キーワード安太多良真弓連用形陸奥恐る草餅なむ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android