蓮池潭(読み)れんちたん

世界の観光地名がわかる事典の解説

れんちたん【蓮池潭】

台湾島南部の高雄カオシュン)市街の北約10km(高雄市左栄区)にある、蓮の花で有名な湖。◇「蓮花潭」ともいう。この蓮花潭は、観光パンフレットなどでもしばしば採用されている台湾の象徴的な風景を見せる風景区(蓮池潭風景区)になっている。湖の周囲は環潭公園となっていて、東岸と南岸の間には自転車専用道路があり、自転車でゆっくりと風景を楽しむことができる。また湖のほとりには、孔子廟や啓明堂、龍虎塔、四重の中国風仏塔の春秋閣がある。最寄り駅はMRT紅線の左営駅で、同駅から徒歩で20分ほどのところにある。また、高雄市街からのバスの便もある。近くには、第一級古跡に指定されている鳳山県の城壁や城門がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android