コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高雄(読み)たかお

大辞林 第三版の解説

たかお【高雄】

台湾の南西岸にある港湾都市。アルミニウム・セメントなどの工業が発達。カオシオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかお【高雄】[台湾の市]

台湾南西部の港湾・工業都市。台湾第2の都市で、重工業が盛ん。2010年に高雄県と合併して直轄市となった。人口277万(2009)。カオシュン。カオション。
[補説]17世紀以来「打狗(ターカオ)」と書いたが、台湾総督府が字を嫌い、似た音の訓読「高雄」に改名。1945年の日本統治終了後も字を戻さず、読みを北京語の「カオシュン」に改めた。

たかお【高雄/高尾】[京都の地名]

京都市右京区の地名清滝川に沿う景勝地で、北に接する栂尾(とがのお)槙尾(まきのお)とともに三尾(さんび)とよばれる紅名所。高雄山中腹には神護寺がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カオシュン【高雄 Gāo xióng】

中国,台湾省南西部の市。台北につぐ台湾省第二の都市であり,最大の貿易港。オランダタンコイアと称し,漢人打狗港などと称したが,これはマカタオ部族のタアカオ社があったことに由来する。1858年(咸豊8)の天津条約の結果,開港し物資の集積地として栄えた。日本が台湾を植民地とした時代,1920年に高雄と改称され,〈たかお〉と呼ばれた。第2次世界大戦の最中は,日本の南方侵略のための軍港としての役割をになわされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高雄
たかお

高尾とも書く。京都市右京区梅ヶ畑の一地区。大堰川の支流清滝川の沿岸,京都市街地から北西へ通じる周山街道 (国道 162号線) に沿う。和気清麻呂が開いた神護寺 (国宝の薬師如来立像ほかを所蔵) がある。峡谷美にすぐれ,紅葉の名所として知られる。嵐山の北方の鳥居本との間に,1965年嵐山高雄パークウェー (10.7km) が開通。付近の槇尾 (まきのお) ,栂尾 (とがのお) とともに三尾 (さんび) と呼ばれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高雄の関連情報