コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢嵐子 ふじさわ らんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢嵐子 ふじさわ-らんこ

1925-2013 昭和後期-平成時代のタンゴ歌手。
大正14年7月21日生まれ。昭和25年夫の早川真平がリーダーをつとめるオルケスタ・ティピカ東京の専属歌手としてデビュー。28年アルゼンチンのペロン大統領夫人エバの追悼コンサートに出演し大喝采を博す。以来タンゴの女王と称された。NHK紅白歌合戦にも5回出場。平成3年引退。平成25年8月22日死去。88歳。東京出身。東京音楽学校(現・東京芸大)中退。本名は早川嵐子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤沢嵐子の言及

【タンゴ】より

…第2次大戦後も人気は根強く,〈早川真平とオルケスタ・ティピカ・東京〉などのすぐれたオルケスタが生まれた。また歌手藤沢嵐子はアルゼンチンでも高い評価を受けた。 日本でコンティネンタル・タンゴと呼ばれているものは,1910‐20年代,パリを中心にアルゼンチン・タンゴがヨーロッパへ紹介されてのち,同地の音楽家たちがそのリズムと形式をまねて作り出したタンゴで,リズム自体には気迫や微妙な味わいが欠けるものの,甘美で感傷的な旋律の親しみやすさにより,ダンス音楽,サロン音楽として世界各地に流行した。…

※「藤沢嵐子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤沢嵐子の関連キーワード原 孝太郎早川 真平

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android