コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢嵐子 ふじさわ らんこ

1件 の用語解説(藤沢嵐子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢嵐子 ふじさわ-らんこ

1925-2013 昭和後期-平成時代のタンゴ歌手。
大正14年7月21日生まれ。昭和25年夫の早川真平リーダーをつとめるオルケスタ・ティピカ東京の専属歌手としてデビュー。28年アルゼンチンペロン大統領夫人エバの追悼コンサートに出演し大喝采を博す。以来タンゴの女王と称された。NHK紅白歌合戦にも5回出場。平成3年引退。平成25年8月22日死去。88歳。東京出身。東京音楽学校(現・東京芸大)中退。本名は早川嵐子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤沢嵐子の言及

【タンゴ】より

…第2次大戦後も人気は根強く,〈早川真平とオルケスタ・ティピカ・東京〉などのすぐれたオルケスタが生まれた。また歌手藤沢嵐子はアルゼンチンでも高い評価を受けた。 日本でコンティネンタル・タンゴと呼ばれているものは,1910‐20年代,パリを中心にアルゼンチン・タンゴがヨーロッパへ紹介されてのち,同地の音楽家たちがそのリズムと形式をまねて作り出したタンゴで,リズム自体には気迫や微妙な味わいが欠けるものの,甘美で感傷的な旋律の親しみやすさにより,ダンス音楽,サロン音楽として世界各地に流行した。…

※「藤沢嵐子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤沢嵐子の関連キーワード天田昭次池田純義大家裕河上民雄後藤仁郎築島裕水野清山本悟山本卓真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤沢嵐子の関連情報