コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女王 ジョウオウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐おう〔ヂヨウワウ〕【女王】

じょおう(女王)

じょ‐おう〔ヂヨワウ〕【女王】

女性の王。「ビクトリア女王
王の后(きさき)。
内親王宣下のない皇族の女性。
皇族で、3世以下の嫡男系嫡出の女性。旧皇室典範では5世以下の皇族の女性。
その分野で最も実力または人気のある女性。「社交界の女王」「銀幕の女王

にょ‐おう〔‐ワウ〕【女王】

じょおう(女王)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

女王【じょおう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうおう【女王】

じょおう【女王】

〔「じょうおう」とも〕
女性の君主。にょおう。 「エリザベス-」
王の后きさき。にょおう。
内親王の宣下がない皇族の女子。明治の皇室典範では、五世以下の皇族女子をいい、現制度では、三世以下の嫡男系嫡出の皇族女子をいう。
その分野で最もすぐれている女性。 「テニス界の-」

にょおう【女王】

じょおう(女王) 」に同じ。
じょおう(女王) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の女王の言及

【王】より

…日本古代において,〈王〉あるいは〈大王〉は,はじめは政治的君主の称として用いられた。金印の〈漢委奴国王〉,《魏志倭人伝》の〈女王国〉,隅田八幡人物画像鏡銘の〈大王〉〈男弟王〉,江田船山古墳出土太刀銘や稲荷山古墳出土鉄剣銘の〈大王〉などがその例である。やがて〈天皇〉の称号が成立すると,天皇の子を皇子・皇女,孫以下を王・女王と称したらしい。…

※「女王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女王の関連キーワードヴィクトリア(ビクトリア(女王))クイーンズイングリッシュキングズイングリッシュフェアリー・クイーンベアトリックス女王プリンスコンソートマルグレーテ2世ベアトリクス女王エリザベス2世エディンバラ公ビクトリア勲章クイーンマザークリスティナヴィクトリアジャクソン松嶺元秀尼高覚女王真宮理子クイーン隆姫女王

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女王の関連情報