蘇陽峡(読み)ソヨウキョウ

デジタル大辞泉の解説

そよう‐きょう〔ソヤウケフ〕【蘇陽峡】

熊本県中央東部にあるU字形の峡谷五ヶ瀬川上流が浸食してできた。阿蘇(あそ)の南外輪山に連なる標高550メートルの高原にあり、約200~300メートルのほぼ垂直に切り立った絶壁が約10キロメートルにわたって続く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蘇陽峡の言及

【蘇陽[町]】より

…杉,ヒノキの良材も産する。五ヶ瀬川の蘇陽峡は奇岩絶壁の渓谷美で知られ,矢部周辺県立自然公園に含まれる。【松橋 公治】。…

※「蘇陽峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android