阿蘇(読み)あそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇
あそ

熊本県北東部,阿蘇市西部の旧町域。阿蘇山の北西部にあり,阿蘇谷の西半とその外輪山地域を占める。 1954年内牧町と黒川村,永水村,尾ヶ石村,山田村の4村が合体して阿蘇町が発足。 2005年一の宮町,波野村と合体し阿蘇市となる。中心地区の内牧は中世には内牧城の城下町,江戸時代には豊後街道宿場町として発達。阿蘇地域第1の温泉郷 (→阿蘇温泉 ) 。産業は農業が主で,米作と畜産が行なわれるが,観光収益も大きい。大観峰 (遠見ヶ鼻) からの阿蘇五岳の眺望は雄大。東部の坊中は阿蘇登山の基地。ほぼ全域が阿蘇くじゅう国立公園に属する。阿蘇の農耕祭事は国の重要無形民俗文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あそ【阿蘇】

熊本県北東部にある市。阿蘇カルデラの北半を占める。稲作と高原野菜栽培が盛ん。平成17年(2005)2月に一の宮町、阿蘇町、波野村が合併して成立。人口2.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あそ【阿蘇】

熊本県北東部の市。阿蘇カルデラ北半分の阿蘇谷を占め、外輪山の斜面では牧畜が盛ん。一帯は阿蘇くじゅう国立公園に属し、観光業も発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

阿蘇

九州の中央部、熊本県阿蘇市にある阿蘇山を含む地域のこと。「阿蘇山」という単体の山はないが、学術的にはこれらの外輪山まで含めて「阿蘇火山」と呼ばれている。阿蘇カルデラは東西約18キロメートル、南北約25キロメートル、面積約350平方キロメートルと、世界最大級の規模を誇る。カルデラの中央部には、現在も噴煙を上げ続ける中岳を始めとする阿蘇五岳(高岳、根子岳、杵島岳、烏帽子岳)を始め多くの山体で構成される火山群「中央火口丘」がある。火山群の南北の麓には平坦なカルデラの底地が広がり、火山群と平地を取り巻く輪っか状の山「外輪山」があり、その外側にはなだらかな火砕流の大地を形成している。阿蘇地域は、国立公園が誕生した1934年に「阿蘇国立公園」として指定を受け、86年に名称が現在の「阿蘇くじゅう国立公園」となった。2014年9月23日、世界ジオパーク(世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園のこと)ネットワークは、カナダの世界ジオパーク「ストーンハンマー」で開催中の国際大会で、阿蘇を世界ジオパークに認定した。国内では7例目。

(2014-9-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇
あそ

熊本県北東部、阿蘇郡にあった旧町名(阿蘇町(まち))。現在は阿蘇市の西部を占める。旧阿蘇町は1954年(昭和29)内牧(うちのまき)町と山田、黒川、尾ヶ石(おがいし)、永水(ながみず)の4村が合併して改称。町名は阿蘇郷(ごう)、阿蘇山に由来する。2005年(平成17)、一の宮町、波野(なみの)村と合併、市制施行して阿蘇市となった。旧阿蘇町域は阿蘇谷に位置し、JR豊肥(ほうひ)本線が通じる。開発が古いだけに、陸路(豊後(ぶんご)街道、国道57号、豊肥本線)は整っており、阿蘇駅付近、国道沿いに住宅が増えつつある。そのなかで内牧地区は、温泉街として阿蘇観光の基地的役割をいまなお担っている。周辺の火口原部では、水田裏作のほか、野菜栽培が本格化している。また、火山灰土壌に覆われた斜面部では「肥後の赤牛」の飼育が盛んである。昭和初期まで舞われていた「阿蘇の虎舞(とらまい)」(県指定無形民俗文化財)は、農村阿蘇の豊年祝いの舞である。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿蘇の関連情報