蝸牛の庵(読み)かぎゅうのあん

精選版 日本国語大辞典の解説

かぎゅう【蝸牛】 の =庵(あん・いおり)[=廬(ろ)・=家(いえ)

ささやかな住まい。蝸廬(かろ)
※俳諧・本朝文選(1706)五・紀行類・南行紀〈李由・許六〉「二月晦日といふ日に、蝸牛の家を離れ、名吉の国廻りにうかれ出て」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「人迹稀な寒村の百姓家にしばらく蝸牛の庵を結んで居たのです」 〔魏志注‐管寧伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android