コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許六 キョロク

7件 の用語解説(許六の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょろく【許六】

森川許六(もりかわきょろく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きょりく【許六】

1656‐1715(明暦2‐正徳5)
江戸前期の俳人。姓は森川,名は百仲。通称五介。字は羽官。幼名は金平または兵助。菊阿仏,五老井(ごろうせい)など多くの別号がある。彦根藩士。俳諧は初め季吟の風体を学び,のち常矩(つねのり)に入門したというが,その間の俳歴は明らかでない。初めは漢詩や狩野派の絵画に心をもっぱらにしていたが,1689年(元禄2)ごろから俳諧に力を入れるようになる。蕉門では尚白らの指導を受けたが,撰集を通して芭蕉の精神を探り,入門を願いつつも官務のために機を得ず,数年を経,ついに92年の出府の折に面晤(めんご)し本懐を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょりく【許六】

森川もりかわ許六

きょろく【許六】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

許六
きょりく

森川許六」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

許六
きょりく
(1656―1715)

江戸中期の俳人。森川氏。本名百仲(ももなか)、通称五介(ごすけ)、別号五老井(ごろうせい)・菊阿仏(きくあぶつ)。近江(おうみ)彦根藩井伊直澄(いいなおずみ)の家臣で、宝蔵院流の槍(やり)を得意とし、狩野(かのう)派の絵画や漢詩にも通じるなど、多芸の人であった。俳諧(はいかい)は初め貞門、談林に学んだが、『冬の日』『猿蓑(さるみの)』などをみて蕉風(しょうふう)の閑寂美にひかれるようになり、1692年(元禄5)江戸出府のおり、ついに面接の機を得て芭蕉(ばしょう)に入門した。芭蕉晩年の新風の体得者を自任した許六は、自ら「正風血脈(けちみゃく)の門人」と称して血脈説を唱え、また句作の方法として取合(とりあわ)せ論を力説するなど、蕉風理念の究明に鋭い直観力を示して、彦根風の一派を形成したが、とくに師の没後の蕉風混迷期に次々に著した『篇突(へんつき)』『宇陀法師(うだのほうし)』『俳諧問答』『歴代滑稽(こっけい)伝』などの俳論書は評価が高い。なお、芭蕉をはじめ蕉門俳人の文章を集めて『本朝文選(もんぜん)』を編纂(へんさん)したことも俳文史上特筆されねばならない。[堀切 實]
 十団子(とをだご)も小粒になりぬ秋の風
『尾形仂著「森川許六」(『俳句講座3』所収・1959・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の許六の言及

【宇陀法師】より

…俳諧論書。李由・許六(きよりく)編。1702年(元禄15)刊。…

【しをり】より

…早く中世の能楽,連歌で,わが身を愚鈍と思い侘(わ)ぶ心から発した〈しをれたる風体〉というのがあるが,そのような心理から,すべての物にあわれを感じ,それをさらりと余情に反映させた場合の句を〈しほりある句〉というのである。芭蕉は許六の句〈十団子(とおだご)も小粒になりぬ秋の風〉を〈此句しほりあり〉と評したという。これは〈秋の風〉のあわれを〈小粒になりぬ〉という言葉で,句の姿,余情にさらりと表現した手腕を褒めたものであろう。…

【蕉門十哲】より

…孔門十哲などにならったもの。許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。…

【俳諧問答】より

…俳諧論書。元禄10年(1697)閏2月付で去来が其角(きかく)に送った書状を皮切りに,翌年にかけて許六(きよりく)と去来の間で交わされた往復書簡を集めたもの。〈贈晋氏其角書〉〈贈落柿舎去来書〉〈答許子問難弁〉〈再呈落柿舎先生〉〈俳諧自讃之論〉〈自得発明弁〉〈同門評判〉から成る。…

【風俗文選】より

…5冊本もある。芭蕉の遺志を継ぐ最初の俳文集で,蕉門の許六(きよりく)編。1706年(宝永3)9月に京の井筒屋庄兵衛から《本朝文選》と題して刊行。…

【篇突】より

…俳諧論書。李由・許六(きよりく)共編著。1698年(元禄11)刊。…

※「許六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

許六の関連キーワード浅井正村浅見左逸岩田凉菟阿形但秀尼坂好道半井和年池田宗旦樗雲橋本湛月汶村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

許六の関連情報