コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融蝕結晶 ゆうしょくけっしょうbrotocrystal

岩石学辞典の解説

融蝕結晶

融蝕されたり入江状の外形を示し,明らかに以前に固化した岩石に属するとみられる結晶[Lane : 1903].これらは後のマグマには同化されなかった結晶である.brotolithも同じである[Matley & Raw : 1942].ギリシャ語でbrotosは食用に適する(edible)の意味である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone