コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血中アルコール濃度 けっちゅうアルコールのうど

大辞林 第三版の解説

けっちゅうアルコールのうど【血中アルコール濃度】

飲酒による血液中のエチルアルコール濃度。血液100ミリリットル中、50ミリグラムでほろ酔い、200ミリグラムで泥酔、400ミリグラム 以上で昏睡こんすいする。 → 急性アルコール中毒

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の血中アルコール濃度の言及

【アルコール中毒】より


[酩酊]
 酩酊intoxicationは普通酩酊と異常酩酊に分けられる。普通酩酊とは,飲酒量にしたがい,酔いが段階的に進行し,高揚気分,次いで注意集中困難,運動失調,発語障害,眼球運動障害と進み,睡眠に移行する経過をとるものであるが,酔いの進行はほぼ血中アルコール濃度と並行する。血中アルコール濃度が500~600mg/dlを超えると昏睡状態となり,それを上回ると死に至る。…

【酩酊】より


[酩酊の症状]
 酩酊時にみられる諸症状の発現には,アルコール飲料の量や濃度,飲酒の速度,食物との関係など飲酒状況のほか,アルコールに対する感受性や代謝能力などの個人差が関与し,一律ではない。しかし平均的には血中アルコール濃度とほぼ並行し,血中アルコール濃度は胃や腸からの吸収速度や体内でのアルコール分解速度によって変化する。一般に胃に内容物が多ければ,吸収速度は遅くなる。…

※「血中アルコール濃度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血中アルコール濃度の関連キーワード急性アルコール中毒

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血中アルコール濃度の関連情報