衆聖点記(読み)しゅしょうてんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衆聖点記
しゅしょうてんき

釈尊が入滅してから,毎年雨安居 (うあんご) が過ぎたときに1つずつ点を書いたもの。これによって釈尊の入滅の年代を知ることができると高楠順次郎が主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android