コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入滅 ニュウメツ

大辞林 第三版の解説

にゅうめつ【入滅】

( 名 ) スル
〘仏〙 釈迦・菩薩・高僧などが死ぬこと。滅度(涅槃ねはん)にはいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の入滅の言及

【仏教】より

…釈迦はこうして45年間,教化に努めた後,80歳にしてクシナガラの地で死去した。これを入滅(般涅槃(はつねはん))という。遺骸は信者たちの手で火葬され,遺骨は信者たちに分けられ,塔(ストゥーパ,舎利塔,仏塔)にまつられた。…

※「入滅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

入滅の関連キーワード頭北面西右脇臥弥勒竜華の朝更衣の別れ長き世の闇やしょうま拘尸那掲羅大般涅槃経弥勒菩薩五十二類無仏世界五百羅漢二仏中間釈迦八相衆聖点記常楽会涅槃像入涅槃正像末寝釈迦一代教

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入滅の関連情報