入滅(読み)にゅうめつ

大辞林 第三版の解説

にゅうめつ【入滅】

( 名 ) スル
〘仏〙 釈迦・菩薩・高僧などが死ぬこと。滅度(涅槃ねはん)にはいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐めつ ニフ‥【入滅】

〘名〙 (「滅」は滅度。人間の迷いを捨てて悟りの境地にはいること) 仏語。涅槃にはいること。特に、釈迦の死をいう。また、高僧などの死にも用いる。
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「一分充八講料〈略〉仍須病僧入滅之後、以其忌日、若為初若為終可之、一周忌八講必可論義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の入滅の言及

【仏教】より

…釈迦はこうして45年間,教化に努めた後,80歳にしてクシナガラの地で死去した。これを入滅(般涅槃(はつねはん))という。遺骸は信者たちの手で火葬され,遺骨は信者たちに分けられ,塔(ストゥーパ,舎利塔,仏塔)にまつられた。…

※「入滅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入滅の関連情報