高楠順次郎(読み)たかくすじゅんじろう

日本大百科全書(ニッポニカ)「高楠順次郎」の解説

高楠順次郎
たかくすじゅんじろう
(1866―1945)

明治~昭和期の仏教学者。文学博士。雪頂(せっちょう)と号した。広島県三原市八幡(やはた)町字篝(かがり)、沢井観三の長男に生まれ、のち神戸市元町、高楠孫三郎の養子となる。1889年(明治22)西本願寺立京都普通教校(現、龍谷大学)を卒業。在学中に反省会を結成し、『反省会雑誌』(『中央公論』の前身)を刊行する。1890年渡欧し、オックスフォード大学のマックス・ミュラー教授に師事し、インド学・梵語(ぼんご)学を学ぶ。その間、ドイツ、フランス、イタリアの著名大学の碩学(せきがく)に師事する。留学中『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』『南海寄帰伝(なんかいききでん)』などの英訳を行う。1897年帰国、同年6月東京帝国大学・文科大学講師となる。1899年34歳で教授となり、1901年(明治34)文科大学梵語学講座の初代担任教授となった。東京外国語学校(現、東京外国語大学)校長、東洋大学学長を歴任。1926年(大正15)学士院会員となり、1944年(昭和19)文化勲章を受章。『ウパニシャッド全書』全9巻、『大正新修大蔵経(だいぞうきょう)』全100巻、『昭和法宝総目録』全3巻の編著がある。

[池田英俊 2017年9月19日]

『鷹谷俊之著『高楠順次郎先生伝』(1957・武蔵野女子学院/複製・1993・大空社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「高楠順次郎」の解説

たかくす‐じゅんじろう〔‐ジユンジラウ〕【高楠順次郎】

[1866~1945]仏教学者。広島の生まれ。旧姓、沢井。号、雪頂。東京外語校長・東大教授・東洋大学長。英国マックス=ミュラーに師事し、インド学梵語(ぼんご)学を学ぶ。昭和19年(1944)文化勲章受章。「大正新修大蔵経」「南伝大蔵経」など編著が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高楠順次郎」の解説

高楠順次郎
たかくすじゅんじろう

[生]慶応2(1866).5. 広島
[没]1945.6.28. 静岡
インド学者,仏教学者。旧姓は沢井,1887年神戸の高楠家の養子となった。イギリスに留学し,M.ミュラーのもとでサンスクリット語を学び,帰国後 97年東京大学に梵語学講座を創設した。仏教精神を身につけた婦人を育成するために 1924年武蔵野女子学院を設立し,さらに東洋大学学長などもつとめ,渡辺海旭とともに『大正新脩大蔵経』 (100巻) を刊行した。 44年文化勲章を受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「高楠順次郎」の解説

高楠順次郎 たかくす-じゅんじろう

1866-1945 明治-昭和時代前期の仏教学者。
慶応2年5月17日生まれ。明治23年渡欧してインド学,梵語学をまなぶ。32年東京帝大教授となり,東京外国語学校(現東京外大)校長を兼任。のち武蔵野女子学院を創設,東洋大学長をつとめた。昭和19年文化勲章。「ウパニシャッド全書」「大正新脩大蔵経」などを監修。昭和20年6月28日死去。80歳。備後(びんご)(広島県)出身。京都普通教校(現竜谷大)卒。旧姓は沢井。号は雪頂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「高楠順次郎」の解説

たかくす‐じゅんじろう【高楠順次郎】

仏教学者。号は雪頂。広島県の人。オックスフォード大学でマックス=ミュラーにサンスクリット学を学び、帰国後、東京帝国大学教授、東京外国語学校校長、東洋大学学長などをつとめ、仏教学の発展に尽力した。とくに渡辺海旭とともに大正新脩大蔵経一〇〇巻を完成、また南伝大蔵経六五巻の刊行を進めた功績は大きい。文化勲章受章。慶応二~昭和二〇年(一八六六‐一九四五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「高楠順次郎」の解説

高楠順次郎【たかくすじゅんじろう】

仏教学者。広島県の人。若くして欧州留学,サンスクリット,パーリ語,比較宗教学を修め,帰国後,東大講師・教授,東京外語校長を歴任,1921年から《大正新脩(しんしゅう)大蔵経》を編集,雑誌《現代仏教》を刊行。仏教・社会事業に貢献。1944年文化勲章。
→関連項目宇井伯寿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「高楠順次郎」の解説

たかくすじゅんじろう【高楠順次郎】

1866‐1945(慶応2‐昭和20)
仏教学者。広島県出身。1889年西本願寺立京都普通学校を卒業,翌年ヨーロッパに留学(オックスフォード,キール,ベルリンライプチヒ),97年帰国。東京帝国大学教授,東京外語学校長,東洋大学学長などを歴任。中央商業学校,武蔵野女子学院を創設,また仏教青年会・女子青年会の育成にも努めた。学問的業績は枚挙にいとまないが,《観無量寿経》《南海寄帰内法伝》等の英訳,有部宗諸論蔵,《金七十論》等に関する研究論文,《善見律Samantapāsādikā》のパーリ原典校訂(長井真琴と共同)等が重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の高楠順次郎の言及

【金七十論】より

…現存する外道典籍の漢訳としては,本書と《勝宗十句義論》の2書があるのみ。日本では江戸時代後半に盛んに研究され,また20世紀初頭,高楠順次郎のフランス語訳によってヨーロッパに紹介された。なお仏典中には,サーンキヤ学派が仏教徒を論破して《金七十論》なる書物を著し,世親はこれをさらに論破したとの伝説があるが,この書と現存する《金七十論》との関係は必ずしも明らかではない。…

※「高楠順次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android