行き交ひ路(読み)ユキカイジ

デジタル大辞泉の解説

ゆきかい‐じ〔ゆきかひぢ〕【行き交ひ路】

行き来する道。また、往来の途中。
「かりそめの―とぞ思ひこし今はかぎりの門出なりけり」〈古今哀傷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきかいじ【行き交ひ路】

行き来する道。往来の道。 「かりそめの-とぞ思ひこし今は限りの門出なりけり/古今 哀傷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報