哀傷(読み)アイショウ

デジタル大辞泉の解説

あい‐しょう〔‐シヤウ〕【哀傷】

[名](スル)
心に深く感じて物思いに沈むこと。
人の死を悲しみ嘆くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐しょう ‥シャウ【哀傷】

〘名〙 (「あいじょう」とも)
① 物事に感じ、悲しみいたむこと。悲しく深い物思いに沈むこと。悲哀。
※万葉(8C後)一・八・左注「天皇御覧昔日猶存之物、当時忽起感愛之情、所以因製歌詠之哀傷也」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「国人が敗聞の為に実に落胆哀傷せば」
② 特に、人の死を悲しみいたむこと。哀悼。哀戚。
※万葉(8C後)三・四二三・題詞「石田王卒之時山前王哀傷作歌一首」
※愚管抄(1220)三「昔は徳有る人のうせたるには、〈略〉声をあげて哀傷することありけれど」 〔漢書‐匡衡伝〕
③ 和歌、連歌、俳諧、漢詩などで、作品を内容の面から分類する時の部門の一つ。死を悲しみいたむ心を詠んだものを収める。
④ 能において、世阿彌が分類した五音曲の一つ。あわれに美しく、涙をもよおす曲趣を内容とした曲。恋慕、亡憶などを主題とした曲。〔五音曲条々(1429‐41頃)〕
[補注]③の詩歌集の部立てとしては、「文華秀麗集」にあり、「古今和歌集」では巻一六に哀傷歌があって、以後の和歌集にしばしば見える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報