行き触る(読み)ユキフル

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐ふ・る【行き触る】

[動ラ下二]途中で行き会う。行きずりに接触する。
「草枕旅行く人も―・ればにほひぬべくも咲ける萩かも」〈・一五三二〉
[補説]引用例を四段活用とみて、「行きふらば」とよむこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android