コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四段活用 ヨダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

よだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【四段活用】

動詞活用形式の一。語形五十音図のア・イ・ウ・エの四段の音で語形変化するもの。例えば「書く」の語形が「書か・書き・書く・書く・書け・書け」と変化する類。他に「咲く」「立つ」「住む」「散る」など、これに属する動詞は多い。なお、現代仮名遣いでは未然形「書か」に「う」が接続した「書かう」を、発音に従って「書こう」と表記するので、この「書こ」も未然形と認めて、五段活用ともいう。→五段活用
[補説]已然(いぜん)形命令形とは中古以降同形であるが、上代の特殊仮名遣い万葉仮名の使い分けがある仮名の場合、已然形は乙類の仮名、命令形は甲類の仮名で書かれ、発音に違いがあったと考えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四段活用【よだんかつよう】

活用

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

よだんかつよう【四段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のア・イ・ウ・エの四段にわたって活用するもの。「歩く」「遊ぶ」などの類。 〔口語動詞の場合、現代仮名遣いでは、「歩こう」「遊ぼう」の「こ」「ぼ」のように、オ段も加わるので五段活用と呼ぶ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四段活用の関連キーワード凪ぐ・和ぐ尊ぶ・貴ぶ見参に入るうながけるさしった心に付く立ち塞ふ下紐解くしゃます可能動詞心に染む雲居隠る事足りる矢を矧ぐやしゃる垢染みる風に付く行き触る触らばふ鍛える

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android