四段活用(読み)ヨダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

よだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【四段活用】

動詞活用形式の一。語形五十音図のア・イ・ウ・エの四段の音で語形変化するもの。例えば「書く」の語形が「書か・書き・書く・書く・書け・書け」と変化する類。他に「咲く」「立つ」「住む」「散る」など、これに属する動詞は多い。なお、現代仮名遣いでは未然形「書か」に「う」が接続した「書かう」を、発音に従って「書こう」と表記するので、この「書こ」も未然形と認めて、五段活用ともいう。→五段活用
[補説]已然(いぜん)形命令形とは中古以降同形であるが、上代の特殊仮名遣い万葉仮名の使い分けがある仮名の場合、已然形は乙類の仮名、命令形は甲類の仮名で書かれ、発音に違いがあったと考えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よだんかつよう【四段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のア・イ・ウ・エの四段にわたって活用するもの。「歩く」「遊ぶ」などの類。 〔口語動詞の場合、現代仮名遣いでは、「歩こう」「遊ぼう」の「こ」「ぼ」のように、オ段も加わるので五段活用と呼ぶ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android