コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四段活用 ヨダンカツヨウ

3件 の用語解説(四段活用の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【四段活用】

動詞の活用形式の一。語形が五十音図のア・イ・ウ・エの四段の音で語形変化するもの。例えば「書く」の語形が「書か・書き・書く・書く・書け・書け」と変化する類。他に「咲く」「立つ」「住む」「散る」など、これに属する動詞は多い。なお、現代仮名遣いでは未然形「書か」に「う」が接続した「書かう」を、発音に従って「書こう」と表記するので、この「書こ」も未然形と認めて、五段活用ともいう。→五段活用
[補説]已然(いぜん)形命令形とは中古以降同形であるが、上代の特殊仮名遣い万葉仮名使い分けがある仮名の場合、已然形は乙類の仮名、命令形は甲類の仮名で書かれ、発音に違いがあったと考えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よだんかつよう【四段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が、五十音図のア・イ・ウ・エの四段にわたって活用するもの。「歩く」「遊ぶ」などの類。 〔口語動詞の場合、現代仮名遣いでは、「歩こう」「遊ぼう」の「こ」「ぼ」のように、オ段も加わるので五段活用と呼ぶ〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四段活用の関連情報