コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行平・雪平 ゆきひら

大辞林 第三版の解説

ゆきひら【行平・雪平】

〔昔、在原行平が須磨で海女あまに潮を汲ませて塩を焼いた故事に基づく〕 粥かゆなどを煮るのに用いる、取っ手・ふた・注ぎ口のある陶器の平鍋ひらなべ。または、木の柄がついた、金属製の打ち出し鍋。行平鍋。雪平鍋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行平・雪平の関連キーワード在原行平注ぎ口雪平鍋行平鍋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android