行平鍋・雪平鍋(読み)ゆきひらなべ

精選版 日本国語大辞典「行平鍋・雪平鍋」の解説

ゆきひら‐なべ【行平鍋・雪平鍋】

〘名〙 (在原行平須磨海女に潮をくませて塩を焼いた故事に因むという) 土鍋の一種陶製の平鍋で、把手(とって)、注口があり、蓋をそなえたもの。などを煮るのに用いる。行平
洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「行平鍋(ユキヒラナベ)はどふしたのう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android