行平鍋・雪平鍋(読み)ゆきひらなべ

精選版 日本国語大辞典「行平鍋・雪平鍋」の解説

ゆきひら‐なべ【行平鍋・雪平鍋】

〘名〙 (在原行平が須磨で海女に潮をくませて塩を焼いた故事に因むという) 土鍋の一種。陶製の平鍋で、把手(とって)、注口があり、蓋をそなえたもの。粥などを煮るのに用いる。行平。
※洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「行平鍋(ユキヒラナベ)はどふしたのう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android