コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表在治療 ひょうざいちりょう superficial therapy

1件 の用語解説(表在治療の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表在治療
ひょうざいちりょう
superficial therapy

浅在性病巣のみに線量を集中させるために工夫された放射線治療法である。飛程の短い電子線や低圧のX線を用いたり,放射線が距離の2乗に反比例して減弱することを利用する近接照射などがある。また,γ線放出小線源を病巣面に並べたり,β線放出小線源を病巣部に当てたりする方法もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表在治療の関連キーワード頭部浅在性白癬物資動員計画心を傾ける線量計注意力ワッグル定位放射線治療集中力リップネット (lip net)上顎ゴムバンド (rubber band)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone