線量(読み)センリョウ

大辞林 第三版の解説

せんりょう【線量】

放射線照射の度合いを表す量。照射された物質の中で起こった作用の原因となる量として用いる。照射線量・吸収線量・線量当量などがある。放射線量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐りょう ‥リャウ【線量】

〘名〙 物質や生物が受けた放射線の量。吸収線量、照射線量、総量線量があり、単位はそれぞれグレイ(またはラド)、レントゲン、シーベルト(またはレム)を用いる。放射線量。〔放射能問題(1957)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の線量の言及

【放射線量】より

…放射線量とは放射線のエネルギー吸収に関係した量をいい,通常は放射線の吸収エネルギーを物質の質量で除した量,すなわち吸収線量をいう。広義には照射線量や線量当量を含む。…

※「線量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線量の関連情報