コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線量 センリョウ

大辞林 第三版の解説

せんりょう【線量】

放射線照射の度合いを表す量。照射された物質の中で起こった作用の原因となる量として用いる。照射線量・吸収線量・線量当量などがある。放射線量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の線量の言及

【放射線量】より

…放射線量とは放射線のエネルギー吸収に関係した量をいい,通常は放射線の吸収エネルギーを物質の質量で除した量,すなわち吸収線量をいう。広義には照射線量や線量当量を含む。…

※「線量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

線量の関連キーワード熱ルミネセンス線量計ポケットチェンバー蛍光ガラス線量計閾値無し直線仮説光刺激蛍光線量計線量限度の適用個人の線量限度放射線許容線量フィルムバッジレプ(rep)ポケット線量計預託実効線量一時立ち入り熱蛍光線量計ガラス線量計OSL線量計追加被曝線量遺伝有意線量空間積算線量硝子バッジ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

線量の関連情報