コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面重力 ひょうめんじゅうりょくsurface gravity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面重力
ひょうめんじゅうりょく
surface gravity

天体表面における重力で,天体の万有引力と自転などによる仮設力を合成したものにあたる。単位質量あたりの地球の表面重力はおよそ 980g・cm/s2 で 980cm/s2 を1 g とし,他の天体の表面重力をはかる単位とする。月の表面重力は約6分の1 g 。高密度の白色矮星の表面重力は数万 g 以上に上る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

表面重力の関連キーワードアルブレヒト・オットー・ヨハネス ウンゼルトブラックホール力学の四法則テラフォーミング太陽(天体)月(天体)放射補正量シリウスコロナ火星人恒星水星金星太陽火星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android