コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面重力 ひょうめんじゅうりょくsurface gravity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面重力
ひょうめんじゅうりょく
surface gravity

天体表面における重力で,天体の万有引力と自転などによる仮設力を合成したものにあたる。単位質量あたりの地球の表面重力はおよそ 980g・cm/s2 で 980cm/s2 を1 g とし,他の天体の表面重力をはかる単位とする。月の表面重力は約6分の1 g 。高密度の白色矮星の表面重力は数万 g 以上に上る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

表面重力の関連キーワードアルブレヒト・オットー・ヨハネス ウンゼルトブラックホール力学の四法則テラフォーミング太陽(天体)放射補正量月(天体)シリウス火星人コロナ恒星水星火星太陽金星

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android