表面重力(読み)ひょうめんじゅうりょく(英語表記)surface gravity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面重力
ひょうめんじゅうりょく
surface gravity

天体表面における重力で,天体の万有引力と自転などによる仮設力を合成したものにあたる。単位質量あたりの地球の表面重力はおよそ 980g・cm/s2 で 980cm/s2 を1 g とし,他の天体の表面重力をはかる単位とする。月の表面重力は約6分の1 g 。高密度の白色矮星の表面重力は数万 g 以上に上る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android