コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖搦み ソデガラミ

デジタル大辞泉の解説

そで‐がらみ【袖×搦み】

江戸時代、罪人などを捕らえるのに用いた三つ道具の一。長い柄の先にたくさんの鉄のとげをつけ、犯人の袖などに絡ませて引き倒した。錑(もじり)。狼牙棒(ろうげぼう)。→刺股(さすまた)突棒(つくぼう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでがらみ【袖搦み】

江戸時代の捕り物用具の一。長い柄の先に多数の鉄鈎てつかぎをつけたもの。袖や袴はかまに搦ませて引き倒す。狼牙棒ろうげぼう。捩もじり。 → 刺股さすまた突棒つくぼう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android