コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖搦み ソデガラミ

デジタル大辞泉の解説

そで‐がらみ【袖×搦み】

江戸時代、罪人などを捕らえるのに用いた三つ道具の一。長い柄の先にたくさんの鉄のとげをつけ、犯人の袖などに絡ませて引き倒した。錑(もじり)。狼牙棒(ろうげぼう)。→刺股(さすまた)突棒(つくぼう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そでがらみ【袖搦み】

江戸時代の捕り物用具の一。長い柄の先に多数の鉄鈎てつかぎをつけたもの。袖や袴はかまに搦ませて引き倒す。狼牙棒ろうげぼう。捩もじり。 → 刺股さすまた突棒つくぼう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android