コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突棒 つくぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突棒
つくぼう

江戸時代の捕物道具。鉄把ともいう。長いかしの棒 (6~7尺) の先に1尺~1尺2寸の横棒を固定し,棒の先には鉄針をたくさん植え,横棒にも鉄針をたくさん植えた鉄板を打ちつけ,この棒で相手を押えつけた。さらにこの横棒の両端には,なぎなたの刃のようなものが内側に向けて付けてあり,この突棒から逃れられないようになっていた。捕物三つ道具 (→刺股 , 袖搦 ) の一つ。 (→捕手術 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つく‐ぼう【突棒】

江戸時代、罪人を捕らえるときに用いた三つ道具の一。頭部を多くの歯をつけたT字形の鉄で作り、長い木製の柄をつけたもの。→刺股(さすまた)袖搦(そでがら)み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つくぼう【突棒】

主に江戸時代、罪人を捕らえるときに用いた捕り物道具の一。鉄釘を並べた T 字形の金具に2、3メートルの柄を付けたもの。 → 刺股さすまた袖搦そでがら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突棒
つくぼう

おもに江戸時代に罪人を逮捕するために用いた長柄(ながえ)の寄道具(よりどうぐ)と称された武器の一つ。室町時代から始まり、『文明(ぶんめい)本節用集』にもみえ、『洛中(らくちゅう)洛外図屏風(びょうぶ)』(上杉家本)に描かれる。近世以降は刑事にかかわる武器として、刺股(さすまた)、袖搦(そでがらみ)とともに、捕物の三つ道具、また番所の三つ道具として、検断の役所に常備された。長い柄の先をT字形の鉄製として、鉄釘(てつくぎ)を植えてある。鉄把(てっぱ)、撞木(しゅもく)ともいう。[齋藤愼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の突棒の言及

【三道具】より

…江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄の捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒,梯子(はしご)などとともに用いた。…

※「突棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

突棒の関連キーワードミナミカマイルカハラジロイルカハナゴンドウ刺股・指叉スジイルカ間宮 茂輔カマイルカ捩り・錑りイシイルカマイルカ袖搦み寄道具櫓太鼓三道具三瓶撞木布良

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android