コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突棒 つくぼう

4件 の用語解説(突棒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突棒
つくぼう

江戸時代の捕物道具。鉄把ともいう。長いかしの棒 (6~7尺) の先に1尺~1尺2寸の横棒を固定し,棒の先には鉄針をたくさん植え,横棒にも鉄針をたくさん植えた鉄板を打ちつけ,この棒で相手を押えつけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つく‐ぼう【突棒】

江戸時代、罪人を捕らえるときに用いた三つ道具の一。頭部を多くの歯をつけたT字形の鉄で作り、長い木製の柄をつけたもの。→刺股(さすまた)袖搦(そでがら)み

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つくぼう【突棒】

主に江戸時代、罪人を捕らえるときに用いた捕り物道具の一。鉄釘を並べた T 字形の金具に2、3メートルの柄を付けたもの。 → 刺股さすまた袖搦そでがら

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突棒
つくぼう

おもに江戸時代に罪人を逮捕するために用いた長柄(ながえ)の寄道具(よりどうぐ)と称された武器の一つ。室町時代から始まり、『文明(ぶんめい)本節用集』にもみえ、『洛中(らくちゅう)洛外図屏風(びょうぶ)』(上杉家本)に描かれる。近世以降は刑事にかかわる武器として、刺股(さすまた)、袖搦(そでがらみ)とともに、捕物の三つ道具、また番所の三つ道具として、検断の役所に常備された。長い柄の先をT字形の鉄製として、鉄釘(てつくぎ)を植えてある。鉄把(てっぱ)、撞木(しゅもく)ともいう。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の突棒の言及

【三道具】より

…江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄の捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒,梯子(はしご)などとともに用いた。…

※「突棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

突棒の関連キーワード町飛脚五木内御簾主に涓涓壅がざれば終に江河となる子供屋葉物涓涓塞がざれば終に江河となる古典落語曽呂間人形

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

突棒の関連情報