刺股(読み)さすまた

  • 刺股/指×叉

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸時代の警護の武器。琴柱棒ともいう。関所番所見付けなどに備えてあり,長い木柄 (6~10尺のかしの) に鍬形状の鉄をつけ,狼藉者の捕縛の際などにや腕を押え込捕えるときに用いた。 (→捕手術〈とりてじゅつ〉)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おもに江戸時代に、罪人を逮捕するために用いた長柄(ながえ)の寄道具(よりどうぐ)と称された武器の一種。『文明(ぶんめい)本節用集』や『日葡(にっぽ)辞書』にもその名がみえ、室町時代に始まる武器。捻(ひね)り琴柱(ことじ)とか琴柱棒ともよばれた。近世以降は、刑事にかかわる武器として、捕物の三つ道具、番所の三つ道具と称し、突棒(つくぼう)、袖搦(そでがらみ)とともに、検断の役所に常備された。長さ7尺5寸(2.25メートル)ほどの柄に雁股(かりまた)状の鉄を取り付けて、相手の首を押さえるものである。刑吏の威武の道具として見附(みつけ)番所、辻(つじ)番所にも立てられていた。首金(くびかね)ともいう。

[齋藤愼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 江戸時代、突棒(つくぼう)、袖搦(そでがらみ)とともに犯罪人や乱暴者などを捕えるのに用いた武器、いわゆる三道具(みつどうぐ)の一つ。U字形の鉄製の頭部に、木製の長い柄をつけたもので、のど首を押えつけるのに用いた。さっす。さつまた。琴柱棒(ことじぼう)。首金(くびがね)。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・崑山集(1651)一〇「つくほうや月さすまたの番所〈良次〉」
② ①の頭部のような状態。鍬形や琴柱(ことじ)の、脚のひらいたような形。
※浄瑠璃・曾我会稽山(1718)二「さす股(また)に踏ん張って、暫く息をぞつぎにける」
③ (足駄の歯が刺股のような形をしているところから) 高野行人のはいている高足駄。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻八「さすまたをはいた坊主に人たかり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の刺股の言及

【三道具】より

…江戸時代における犯罪者逮捕のための3種の武器(図)。袖搦(そでがらみ)(錑(もじり)),突棒(つくぼう),刺股(さすまた)をいう。いずれも長柄の捕道具(とりどうぐ)で,激しく抵抗する犯人を取り押さえるのに,六尺棒,梯子(はしご)などとともに用いた。…

※「刺股」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刺股の関連情報