コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被覆空間 ひふくくうかんcovering space

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被覆空間
ひふくくうかん
covering space

リーマン面のときのように,空間 X を何重かに重ねて考える必要のあるとき,その重なったもの をつくり,射影 で考える。この X の被覆空間という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひふくくうかん【被覆空間 covering space】

位相空間から位相空間Xへの連続写像pXがあって,Xの各点xに対し,xを含むXの開集合Uの開集合族{λ;λ∈Λ}が次の条件を満たすようにとれるとする。(1)pによってUのなかにうつるの点はいずれかのλに含まれる。(2)各λpによってUの上に同相にうつる。(3)λ≠μならばλμは交わらない。このときXの上の被覆空間であるといい,pXを被覆写像という。Xが連結ならば,Xの点xのとり方によらずp-1(x)の個数は一定であるが,これが有限数nのとき,Xn重に被覆するという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

被覆空間の関連キーワードアールフォルス位相空間開集合P同相射影

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android