連結

世界大百科事典 第2版の解説

れんけつ【連結 connected】

数学用語。おおまかにいって,連結とは図形がひとつながりになっていることを意味するが,精確には次のように定義される。位相空間Xは,それが互いに交わらない二つの空でない開集合の和集合として表すことができないとき,連結であるという。また,位相空間Xは,その任意の2点をXに含まれる連続曲線で結ぶことができるとき,弧状連結であるという。弧状連結ならば連結である。この逆は一般には成り立たない。例えば,y=sin(1/x)(x≠0)のグラフと線分x=0,-1≦y≦1からなる図形(シヌソイド)は連結であるが,弧状連結でない(図1)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんけつ【連結】

( 名 ) スル
つなぎ合わせること。 「車両を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の連結の言及

【グラフ理論】より

…このとき点は頂点,線は辺または枝とも呼ばれる。グラフはそれに属するどんな2点をとっても,適当ないくつかの線をたどれば一方から他方に到達することができるとき連結であるという。どんなグラフもいくつかの連結したグラフ(部分グラフ)に分けることができる。…

※「連結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連結の関連情報