コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏甲 ウラゴウ

大辞林 第三版の解説

うらごう【裏甲】

神社・仏閣などで、軒先の茅負かやおいの上にのせる化粧板。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の裏甲の言及

【社寺建築構造】より

…垂木の上には裏板が打たれ,土を置き,を並べる。瓦は古くは軒先で茅負の上に直接にのっていたが,後には茅負の上に裏甲(うらごう)と呼ぶ板を並べ,さらに瓦座(かわらざ)を置いて瓦をのせる。垂木は角で反り(そり)のあるのが普通であるが,飛鳥時代のものは反りがなく,奈良時代の地垂木は断面が円形で,平安時代には楕円形のものもある。…

※「裏甲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裏甲の関連キーワード瓦座

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏甲の関連情報