軒先(読み)のきさき

精選版 日本国語大辞典「軒先」の解説

のき‐さき【軒先】

〘名〙
の先端の部分。のきぐち。のきば。
※歌舞伎・敵討噂古市(正直清兵衛)(1857)序幕「上の方立場茶屋、軒先(ノキサキ)に高野山護摩講中月参の掛札」
② 軒の前にあたるところ。家の戸口の前。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「牡丹の見える店座敷の軒先に来て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軒先」の解説

のき‐さき【軒先】

軒の突き出た先の部分。「軒先に洗濯物をつるす」
家の前の軒に近い場所。「軒先を借りる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android