コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏白の木 ウラジロノキ

デジタル大辞泉の解説

うらじろ‐の‐き【裏白の木】

バラ科の落葉高木。山地自生。葉は卵円形で先がとがり、縁にぎざぎざがあり、裏面綿毛を密生して白い。白い花をつけ、実は熟すと赤くなり、食べられる。あわだんご。まめなし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらじろのき【裏白の木】

バラ科の落葉高木。山地に自生し、高さ10メートルになる。葉は互生し、広楕円形で鋸歯があり、裏面は白毛が密生する。五月、枝頂に白色五弁花を多数散房状につける。果実は楕円形で赤熟する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

裏白の木 (ウラジロノキ)

学名:Sorbus japonica
植物。バラ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

裏白の木の関連キーワード広楕円形白毛鋸歯果実