褄取る(読み)ツマドル

デジタル大辞泉の解説

つま‐ど・る【×褄取る】

[動ラ五(四)]
着物の褄を手でつまんで持ち上げる。「着流しの裾を―・って歩く」
鎧(よろい)の袖や草摺(くさずり)の端を威糸(おどしいと)とは別の色の糸または革で威(おど)す。
「洗ひ皮の鎧の―・りたるに」〈太平記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android