襲小橋別命(読み)そのおはしわけのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

襲小橋別命 そのおはしわけのみこと

古代伝承上の景行天皇の皇子。
先代旧事本紀」によれば,景行天皇が皇子皇女75人を諸国に別王(わけのおう)として派遣して,諸国の別の祖とした際のそのなかのひとり。菟田(うだ)小橋別の祖といわれる。「先代旧事本紀」によれば,景行天皇が皇子皇女75人を諸国に別王(わけのおう)として派遣して,諸国の別の祖とした際のそのなかのひとり。菟田(うだ)小橋別の祖といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android