西独(読み)せいどく

精選版 日本国語大辞典「西独」の解説

せい‐どく【西独】

(「独」は「ドイツ」の当て字「独逸」の) 旧ドイツ連邦共和国一九四九‐九〇)の通称、西ドイツの略。ドイツ民主共和国を東独(東ドイツ)と呼称したのに対する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の西独の言及

【ドイツ連邦共和国】より

…ヨーロッパ統合過程で国民国家の性格が変貌していく中で,新たな国民(統一)国家が成立したことは,一方では逆コースとしてとらえられようが,それは同時に冷戦構造の終結と,東西ヨーロッパを悩ませてきた〈ドイツ問題〉の最終解決を暗示するものでもあった。人口でも経済力でも統一ドイツは抜き出ており,従来の英仏,西独のバランスが崩されたことに対するヨーロッパ各国の危惧が高まった。後進地域としての旧東ドイツを抱えた統一ドイツ国家が経済困難に陥り,こうした危惧が一部拡散されたとはいえ,ヨーロッパの将来におけるドイツの強力な地位は否定できない。…

※「西独」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android