コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て字/宛字 アテジ

デジタル大辞泉の解説

あて‐じ【当て字/宛字】

日本語を漢字で書く場合に、漢字の音や訓を、その字の意味に関係なく当てる漢字の使い方狭義には、古くから慣用の久しいものについていう。「目出度(めでた)し」など。借り字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あてじ【当て字】

漢字を,中国における原義また後世日本における転義によらず,たんにその読み方が同じだというところから,別語原の語の表記に用いたもの。社会的に習慣の固定したものと,社会習慣とは無関係に臨時に用いられたものとがある。学生の答案に当て字が多いなどといわれる場合は後者で,多くは社会習慣上の正しい語表記または正しい字義を知らずに,ただ同音訓の漢字を用いるのである。これは誤解を生じやすく,かつ語表記を不必要に多様にするもとであって,放任しておくべきではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当て字
あてじ

日本語を表記する際に、その語と意味のうえで直接関係のない漢字の和訓や字音を借用する用法、またはその漢字をいう。「宛字」とも書く。本来、漢字を用いて日本語を書き表すには、「やま―山」「たに―谷」のように、意味上の対応関係をもつ漢字を使うのが通常であるが、対応する漢字がない場合に、便宜的にある漢字の音や訓を借りて書き記し、さらに和語以外の外来語、外国語の表記にも及んだ。これが「当て字」である。
 これには、広く社会に認められた慣用的な表記と、個人的な臨時の表記(しばしば「誤字」とされる)を含む。前者には亜細亜(アジア)、仏蘭西(フランス)、珈琲(コーヒー)のように外来語や外国の固有名詞を漢字の音を借用して表記したもの、素敵(すてき)、兎角(とかく)のように漢字音を借りて和語を記すもの、背広(せびろ)のように漢字の和訓を借用して外来語を表記するもの、矢張(やはり)、出鱈目(でたらめ)のように漢字の和訓を借用して和語を表記するものなどがあり、実際には型録(カタログ)のように、これらの用法が組み合わされることも多い。このほか、五月雨(さみだれ)、紅葉(もみじ)のように和語一語を漢字2字また3字で表記するもの(熟字訓)や、選考、世論のように、当用漢字(現在は常用漢字)の施行に伴って書き換えられた(銓衡(せんこう)、輿論(よろん)から)ものも当て字とされることが多い。[月本雅幸]
『亀井孝・大藤時彦・山田俊雄編『日本語の歴史』7巻・別巻(1963~1966・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

当て字/宛字の関連キーワード酸っぱみ・酸っぱ味乳繰り合う奴原・奴儕夕間暮れ心は矢竹伯母者人瓦落落ち地下足袋陸でなし破茶滅茶矢っ張り無茶苦茶難波走り無理遣り瓦落多塩ポツ陸だま佐倉炭愚連隊臭ポツ