コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要水量 ようすいりょう

2件 の用語解説(要水量の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

要水量【ようすいりょう】

植物が乾燥物質1gを生産するのに要する水量。蒸散係数とも。生育期間中の蒸散量(吸水量とほぼ同量)をこの間に蓄積された乾燥物質量で割って求める。コムギオオムギ500〜550g,トウモロコシ300g前後,ジャガイモ500g前後とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

要水量
ようすいりょう

植物が生育期間中に必要とする水の量をいい、生育全期間中の吸水量を全乾物重(水分以外の体重)で割った値、すなわち乾物重1グラムを生産するのに必要とした水量で示す。これを蒸散係数ともいう。気象条件や土壌条件で異なるが、普通200~1000という値である。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

要水量の関連キーワード凍結乾燥熱容量比熱融解熱乾生生産コスト生産飼料日数生体毒素フィトフォリック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone