コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要水量 ようすいりょう

百科事典マイペディアの解説

要水量【ようすいりょう】

植物が乾燥物質1gを生産するのに要する水量。蒸散係数とも。生育期間中の蒸散量(吸水量とほぼ同量)をこの間に蓄積された乾燥物質量で割って求める。コムギオオムギ500〜550g,トウモロコシ300g前後,ジャガイモ500g前後とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

要水量
ようすいりょう

植物が生育期間中に必要とする水の量をいい、生育全期間中の吸水量を全乾物重(水分以外の体重)で割った値、すなわち乾物重1グラムを生産するのに必要とした水量で示す。これを蒸散係数ともいう。気象条件や土壌条件で異なるが、普通200~1000という値である。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

要水量の関連キーワード調整池上水道灌漑

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android