コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観想念仏 かんそうねんぶつ

百科事典マイペディアの解説

観想念仏【かんそうねんぶつ】

心の中に仏の姿や功徳を念ずること。仏教修行の基本の一つで,仏の名を唱える称名(しょうみょう)念仏に対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の観想念仏の言及

【念仏】より

…仏・菩薩の相好や功徳を心におもい浮かべたり,またその名号を口に唱えること。前者を観想念仏といい,後者を称名(しようみよう)念仏という。念仏には釈迦,薬師,弥勒,観音などの念仏もあるが,阿弥陀仏の念仏が代表的で,ふつう念仏といえば,阿弥陀仏の相好やその誓願のことを憶念したり,〈南無阿弥陀仏〉の6文字の名号を口に唱えることをいう。…

※「観想念仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観想念仏の関連キーワード阿弥陀聖衆来迎図観念念仏四種念仏慧遠

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観想念仏の関連情報