基本(読み)キホン

デジタル大辞泉の解説

判断・行動・方法などのよりどころとなる大もと。基礎。「基本の型」「基本を身につける」「基本に忠実な演技」
基礎[用法]
(副詞的に用いて)基本的に。原則として。「基本、先発メンバーは固定している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物事の判断、行動または存在などのよりどころとなるもと。大もと。どだい。基準。基礎。
※集義外書(1709)三「聖賢の跡のみ見て、其故をしらず、時、処、位の至善を弁へず、人情、時変に通ぜず。一流とはなるべきか、大同の基本ならず」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「是れ則ち〈略〉封建政府の拠て以て建つ所の基本ならざるを得ず」 〔漢書‐谷永伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基本の関連情報