基本(読み)きほん

精選版 日本国語大辞典「基本」の解説

き‐ほん【基本】

〘名〙 物事の判断、行動または存在などのよりどころとなるもと。大もと。どだい。準。基礎。
※集義外書(1709)三「聖賢の跡のみ見て、其故をしらず、時、処、位の至善を弁へず、人情、時変に通ぜず。一流とはなるべきか、大同の基本ならず」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「是れ則ち〈略〉封建政府の拠て以て建つ所の基本ならざるを得ず」 〔漢書‐谷永伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「基本」の解説

き‐ほん【基本】

判断・行動・方法などのよりどころとなる大もと。基礎。「基本の型」「基本を身につける」「基本に忠実な演技」
基礎[用法]
(副詞的に用いて)基本的に。原則として。「基本、先発メンバーは固定している」
[類語](1大本おおもと基礎根本こんぽん根幹中心基軸基調基底根底もとい土台下地初歩いろはABC基盤基幹基部大根

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「基本」の解説

【基本】きほん

基礎。根拠。〔晋書、慕容徳載記〕彭山川を阻帶とし、なり。地はに人は殷(おほ)し。攻めて之れに據り、以て基本と爲すべし。

字通「基」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android