コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田川 すみだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角田川
すみだがわ

吾妻問答」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の角田川の言及

【隅田川】より

…東側の墨田・江東両区と西側の台東・中央両区の境界をなし,近世初頭までは武蔵と下総の国境となっていた。古くは住田川,角田川,墨田川とも書き,須田(すだ)川,あすだ川,染田川,浅草川,宮戸(都)川とも呼ばれた。近世,今の吾妻(あづま)橋から下流は大川の名で親しまれた。…

※「角田川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

角田川の関連キーワード隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)隅田川・墨田川・角田川隅田川(東京都)能現行曲一覧桜間 道雄都太夫一中田付長兵衛三島自寛杉山杉風隅田川物梅若丸隅田川狂乱物知契季語宗祇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角田川の関連情報