コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻問答 あづまもんどう

4件 の用語解説(吾妻問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻問答
あづまもんどう

室町時代の連歌論書。『角田川 (すみだがわ) 』ともいう。宗祇 (そうぎ) 著。1冊。文明2 (1470) 年成立。連歌の歴史を上古,中古,当世の3期に分けて各期の代表作者について述べ,以下連歌の作法について,具体的に細かく説き,また連歌に本 (もと) とすべき句の体をあげるなど,連歌全般にわたって実践的に 26項目の問答体で述べている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あずまもんどう〔あづまモンダフ〕【吾妻問答】

室町中期の連歌論書。宗祇(そうぎ)著。1巻。応仁元年(1467)か文明2年(1470)の成立。連歌の歴史と、作句の技術・心構えを実例を挙げて問答体で述べたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あづまもんどう【吾妻問答】

連歌論。1巻。別名《すみだ川》宗祇の初期の著作で,1467年(応仁1)または70年(文明2)に,長尾孫四郎(景春か)などの東国武士に書き送った。連歌の歴史,付合(つけあい),学習法,作法故実などを,26条に分けて問答体で記述。宗砌(そうぜい)らの形成した連歌理論や体系を,初心者向けに具体的実用的に教示したもので,のちに《筑波問答》とともに代表的な作法書として尊重された。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あずまもんどう【吾妻問答】

連歌論書。一巻。宗祇著。1470年頃成立。問答体によって、連歌の歴史・代表作家・会席作法など連歌の基本的問題を述べたもの。別名角田川すみだがわ。宗祇問答。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻問答の関連キーワード珠存冠字連歌ジンゲルすみだ川宗碩通語土船水無瀬三吟落書露顕《すみだ川》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone