コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻問答 あづまもんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻問答
あづまもんどう

室町時代の連歌論書。『角田川 (すみだがわ) 』ともいう。宗祇 (そうぎ) 著。1冊。文明2 (1470) 年成立。連歌の歴史を上古,中古,当世の3期に分けて各期の代表作者について述べ,以下連歌の作法について,具体的に細かく説き,また連歌に本 (もと) とすべき句の体をあげるなど,連歌全般にわたって実践的に 26項目の問答体で述べている。二条良基の『筑波問答』とともに,後世尊重された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あずまもんどう〔あづまモンダフ〕【吾妻問答】

室町中期の連歌論書。宗祇(そうぎ)著。1巻。応仁元年(1467)か文明2年(1470)の成立。連歌の歴史と、作句の技術・心構え実例を挙げて問答体で述べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あづまもんどう【吾妻問答】

連歌論。1巻。別名《すみだ川》。宗祇の初期の著作で,1467年(応仁1)または70年(文明2)に,長尾孫四郎(景春か)などの東国武士に書き送った。連歌の歴史,付合(つけあい),学習法,作法故実などを,26条に分けて問答体で記述。宗砌(そうぜい)らの形成した連歌理論や体系を,初心者向けに具体的実用的に教示したもので,のちに《筑波問答》とともに代表的な作法書として尊重された。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あずまもんどう【吾妻問答】

連歌論書。一巻。宗祇著。1470年頃成立。問答体によって、連歌の歴史・代表作家・会席作法など連歌の基本的問題を述べたもの。別名角田川すみだがわ。宗祇問答。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吾妻問答の関連キーワード飯尾宗祇室町時代無沙汰長高し入り目初中後後見入目有心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android