角矢来(読み)カクヤライ

大辞林 第三版の解説

かくやらい【角矢来】

竹を縦横に組んで、すき間が四角になるように作った矢来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐やらい【角矢来】

〘名〙 矢来の一種。竹を縦横に組んで、四角のすき間があるように結んだ矢来。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の角矢来の言及

【矢来】より

…竹矢来は丸太柱を掘立てとし,横に竹を通して,縦に矢来子(やらいこ)の竹を縄で結びつける。矢来子を交互に斜めにたてるのが菱矢来,縦横に通すのが角矢来である。《洛中洛外図》などには,室町時代末期から江戸時代初期にかけて,京都四条河原でさまざまな踊り,歌舞伎などが演じられたようすが描かれるが,これらの舞台は竹矢来に筵(むしろ)や幔幕(まんまく)をひきめぐらして作っている。…

※「角矢来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android