角矢来(読み)カクヤライ

大辞林 第三版の解説

かくやらい【角矢来】

竹を縦横に組んで、すき間が四角になるように作った矢来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の角矢来の言及

【矢来】より

…竹矢来は丸太柱を掘立てとし,横に竹を通して,縦に矢来子(やらいこ)の竹を縄で結びつける。矢来子を交互に斜めにたてるのが菱矢来,縦横に通すのが角矢来である。《洛中洛外図》などには,室町時代末期から江戸時代初期にかけて,京都四条河原でさまざまな踊り,歌舞伎などが演じられたようすが描かれるが,これらの舞台は竹矢来に筵(むしろ)や幔幕(まんまく)をひきめぐらして作っている。…

※「角矢来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる