コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢来 やらいpalisade

翻訳|palisade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢来
やらい
palisade

竹や丸太で造った仮囲い竹矢来は,長さ2~3mの竹を斜めに組合せ,交差部をしゅろ縄などで結ぶ。竹を縦横に直交して組んだものを角矢来という。丸太矢来は丸太ともいい,切丸太を約 30m間隔で掘立柱とし,この上部と下部を貫 (ぬき) でつなぐ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やらい【矢来】

《「遣(や)らい」からという。「矢来」は当て字》竹や丸太を縦横に粗く組んで作った仮の囲い。「竹矢来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

矢来【やらい】

竹や丸太をあらく交差させて組んだ仮囲いの柵。応急あるいは臨時の柵であるが,垣や塀に使用される場合もある。竹矢来は約2mごとに立てた丸太の柱に縦横または斜めに竹を組み縄や針金でくくったもの。
→関連項目虎落笛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やらい【矢来】

竹または丸太を組んで,人が通れない程度に粗く作った,臨時あるいは応急の。丸太矢来は丸太を掘立てとし,根元には根がらみ貫(ぬき),その上に通し貫を2本ほど水平に通して,縄で結びつけて固める。竹矢来は丸太柱を掘立てとし,横に竹を通して,縦に矢来子(やらいこ)の竹を縄で結びつける。矢来子を交互に斜めにたてるのが菱矢来,縦横に通すのが角矢来である。《洛中洛外図》などには,室町時代末期から江戸時代初期にかけて,京都四条河原でさまざまな踊り,歌舞伎などが演じられたようすが描かれるが,これらの舞台は竹矢来に筵(むしろ)や幔幕(まんまく)をひきめぐらして作っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やらい【矢来】

竹や丸太を粗く組んで作った臨時の囲い。材料によって竹矢来・丸太矢来、組み方によって角矢来・菱ひし矢来などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矢来の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)観世 喜之(1代目)観世 喜之(2代目)観世 喜之(初代)観世喜之(2代)観世喜之(初代)ゲル(天幕住居)相馬野馬追い新潮社[株]佐州水替人足勝峰 晋風広津 和郎菅野 圭介一ノ坂遺跡正木 千冬クレーマー切り虎落転形劇場キロンボ菱形矢来

矢来の関連情報