コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦横/従横 ジュウオウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐おう〔‐ワウ〕【縦横/従横】

[名・形動]
たてとよこ。また、南北と東西。「市街を―に貫く通り」
あらゆる方面。四方八方。「国内を―に走る鉄道」
思いのままに振る舞うこと。また、そのさま。自由自在。「―に活躍する」「才気―」
合従(がっしょう)と連衡(れんこう)。

たて‐よこ【縦横/緯】

たてとよこ。よこたて。
たて糸とよこ糸。たてぬき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうおう【縦横】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
たてとよこ。南北と東西。 「市街地を-につらぬく大通り」
四方八方。いたるところ。 「 -に張りめぐらされた通信網」
自分の思いどおりに振る舞う・こと(さま)。自由自在。 「 -に活躍する」 「機略-」 「羅馬ローマを亡ぼし欧土に-せし日耳曼ゼルマンの夷狄は/明六雑誌 14
合従がつしようと連衡れんこう。しょうおう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縦横/従横の関連キーワード縦横家(しょうおうか)クロスワードパズルテストマトリックス二軸延伸フィルムアスペクトレシオレターボックスパンスキャンアスペクト比蜘蛛手格子八重十文字本ビロードシックス判四方八方横説竪説四つ目垣三枡格子地蔵格子全紡縮緬碁盤の目九学派